アリアンローズ新人賞 よくあるご質問と回答 一覧


応募について
他社で既に書籍デビューしている場合でも応募可能ですか?
男性も参加可能なのでしょうか?
シリーズものとして複数作に分けて投稿している場合、それぞれにタグ設定は必要でしょうか?
個人主催の小説賞に投稿している作品を応募してもよいでしょうか?
海外在住ですが、応募可能ですか?
日本人ではありませんが、応募可能ですか?
複数の作品を応募してもよろしいですか?
他の小説賞で落選した作品を応募することは可能でしょうか?
タグ付け応募した後、応募期間中に、他の新人賞などに投稿し直すため、タグを取り消すことは可能ですか?

作品について
応募条件はクリアする予定ですが、作品が完結しません。この場合でも、応募は可能でしょうか?
舞台設定が「現代日本以外の時代や場所」となっていますが、解釈は『外国』でもいいのでしょうか?
1章、2章、3章……、と物語を積み重ねる形で10万文字以上を達成する形での応募は可能でしょうか? もちろん、舞台や登場人物などは継続したものとなります。
小説自体は10万文字以上書きあがっているのですが、投稿頻度を調整するため応募締切までに規定数に達しない見込みです。この場合、プロットの代わりに、原稿本文をメール送付する形で対応頂けないでしょうか?
二次創作の定義に関しての質問です。自分が過去に書いた作品の世界設定を使用した作品は応募可能でしょうか?
オムニバス形式など、連続した物語でなくてもよいでしょうか?

選考について
選考方法に作品およびプロットとあるのですが、プロットの提出がないと選考の対象にはならないのでしょうか?
プロットの作成は苦手なのですが、どうしても送らないとだめですか?
選評はいただけますか?
「小説家になろう」小説情報でのあらすじやお気に入り登録件数、読者からの感想、アクセス解析などの作品に付随する情報も選考の対象になりますか?
「小説家になろう」に同じユーザー名で投稿した他作品、活動報告なども選考の対象になりますか?

諸権利について
アリアンローズ新人賞と平行して他社の新人賞に別作品を送り、どちらも受賞した場合はどのようになるでしょうか?
応募にあたっての諸注意に「応募をもって、出版優先権が株式会社フロンティアワークスに生じます。但し、選考外となった時点で、優先権は消失いたします。」とありますが、落選した場合、その作品を他の小説賞に応募することは可能ですか?

その他
第2回以降は開催しますか?


応募について

Q:他社で既に書籍デビューしている場合でも応募可能ですか?

A:可能です。 但し、専属契約などがされている場合は、この限りではございませんので、締結済みの出版契約書、もしくは先方ご担当者様に契約状況をご確認ください。

Q:男性も参加可能なのでしょうか?

A:特に制限はございません。

Q:シリーズものとして複数作に分けて投稿している場合、それぞれにタグ設定は必要でしょうか?

A:シリーズものの場合は、1巻目に相当する作品のみにタグ付けして頂ければ構いません。1巻目の作品を選考対象として判断させて頂き、参考としてシリーズ続巻を拝見させて頂く場合がございます。

Q:個人主催の小説賞に投稿している作品を応募してもよいでしょうか?

A:個人・企業や賞金の有無にかかわらず、あらゆる小説賞との二重応募は規定違反となります。

Q:海外在住ですが、応募可能ですか?

A:特に制限はございません。

Q:日本人ではありませんが、応募可能ですか?

A:日本語で支障なくコミュニケーションをとることができる方であれば可能です。

Q:複数の作品を応募してもよろしいですか?

A:諸注意にあります通り、作品ごとにタグ設定を行って頂ければ、複数作の応募が可能です。

Q:他の小説賞で落選した作品を応募することは可能でしょうか?

A:まずは先に応募した小説賞の応募要項をご確認いただき、応募作についての諸権利が出版社等に帰属しないかをご確認ください。権利的に問題ないようであれば、その作品をご応募いただくことは可能です。

Q:タグ付け応募した後、応募期間中に、他の新人賞などに投稿し直すため、タグを取り消すことは可能ですか?

A:原則不可となります。 諸注意にあります通り、応募をもって、出版優先権が株式会社フロンティアワークスに生じますので、ご注意くださいませ。但し、応募期間中に他出版社様から書籍化打診などがありました場合は、最大限の考慮をさせて頂きますので、お問合せ窓口よりご相談頂ければ幸いです。


作品について

Q:応募条件はクリアする予定ですが、作品が完結しません。この場合でも、応募は可能でしょうか?

A:可能です。

Q:舞台設定が「現代日本以外の時代や場所」となっていますが、解釈は『外国』でもいいのでしょうか?

A:選考に公平を期すため、応募要項に記載した以上の基準は申し上げられません。文字通り「現代日本以外の“時代”や“場所”」に該当すると判断できる作品であれば、選考対象となります。

Q: 1章、2章、3章……、と物語を積み重ねる形で10万文字以上を達成する形での応募は可能でしょうか?もちろん、舞台や登場人物などは継続したものとなります。

A:特に問題ございません。

Q:小説自体は10万文字以上書きあがっているのですが、投稿頻度を調整するため応募締切までに規定数に達しない見込みです。この場合、プロットの代わりに、原稿本文をメール送付する形で対応頂けないでしょうか?

A:選考に公平を期すため、サイト上で選考基準に達しない作品は一律、選考対象外となります。投稿文字数が10万文字未満の場合は、プロット提出が必須となります。

Q:二次創作の定義に関しての質問です。自分が過去に書いた作品の世界設定を使用した作品は応募可能でしょうか?

A:過去にご自身が書いた作品が商業出版している場合、商業作品の二次創作と扱われますのでご応募はできません。過去に書いた作品が特に書籍化などの営利目的の展開がなされておらず、応募者様に著作権があるのであればご応募は可能です。

Q:オムニバス形式など、連続した物語でなくてもよいでしょうか?

A:募集テーマに即していれば、特に制限はございません。


選考について

Q:選考方法に作品およびプロットとあるのですが、プロットの提出がないと選考の対象にはならないのでしょうか?

A:選考対象は、募集ページにあります通り、
1.応募締切時点までに、本文が100,000文字以上あること
2.もしくは、応募締切時点までに、本文50,000文字以上とプロット(今後の展開含む)が編集部に提出されいること
のいずれかを満たしていることとなります。本文が100,000文字未満の場合はプロットの提出が必須となります。

Q:プロットの作成は苦手なのですが、どうしても送らないとだめですか?

A:100,000文字を下回る場合は、提出必須となります。プロットによる作品訴求力も含めて、選考対象とさせて頂いております。

Q:選評はいただけますか?

A:最優秀賞および優秀賞・読者賞の受賞作には編集担当が付く形で作品フィードバックを行います。こちら以外の作品につきましては、選評を差し上げる予定はございません。

Q:「小説家になろう」小説情報でのあらすじやお気に入り登録件数、読者からの感想、アクセス解析などの作品に付随する情報も選考の対象になりますか?

A:応募作に付随する全ての情報が選考対象となりますが、作品そのものの面白さ、募集テーマやレーベルコンセプトとの合致具合を重要視致します。

Q:「小説家になろう」に同じユーザー名で投稿した他作品、活動報告なども選考の対象になりますか?

A:なりません。タグ付けされた応募作のみが選考の対象となります。


諸権利について

Q:アリアンローズ新人賞と平行して他社の新人賞に別作品を送り、どちらも受賞した場合はどのようになるでしょうか?

A:作品単位での出版契約となりますため、特に問題ございません。

Q:応募にあたっての諸注意に「応募をもって、出版優先権が株式会社フロンティアワークスに生じます。但し、選考外となった時点で、優先権は消失いたします。」とありますが、落選した場合、その作品を他の小説賞に応募することは可能ですか?

A:落選作について弊社がなにかしらの権利を主張することはありませんので、他の小説賞にご応募いただくことは可能です。


その他

Q:第2回以降は開催しますか?

A:現在検討中です。

top