1周年ありがとうキャンペーン Webインタビュー開催決定!!
「魔導師は平凡を望む」広瀬煉様 「誰かこの状況を説明してください!~契約から始まるウェディング~」徒然花様 「私の玉の輿計画!」菊花様
「義妹が勇者になりました。」縞白様 「悪役令嬢後宮物語」涼風様 「無職独身アラフォー女子の異世界奮闘記」杜間とまと様
「竜の卵を拾いまして」おきょう様 「シャルパンティエの雑貨屋さん」坊野瞳様

>「1周年ありがとうキャンペーン」トップページに戻る

広瀬煉先生へのインタビュー!

【広瀬 煉 先生のタイトル「魔導師は平凡を望む」について】

■Q1:小説のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
A:特に何から……というものはありませんね。大まかな話の筋を決めてそれから主人公の性格に合わせて行く、という感じです。

■Q2:小説の主人公や世界観の設定は、どのように生まれたのですか。
A:コメディ色を強くしたかったので、主人公は突き抜けた性格になりました。
 異世界人には監視が当然といった事情も真面目にやるとシリアス展開ですが、主人公視点では明るく語られています。

■Q3:小説を書く際に気を付けていたこと、苦労したことを教えてください。
A:どんな展開でも暗くならないようにしています。主人公視点という理由もありますが、それ以上に『楽しく読める』という点を重視しています。

■Q4:なぜアリアンローズから出版しようと思ったのでしょうか。
A:お話をいただいた時、『女性向? 恋愛要素皆無ですよ?』と馬鹿正直に話し、それでもいいと言っていただけたので。WEB版よりはイチャついてますが、書籍でも相変らずです。

【広瀬 煉 先生ご自身について】

■Q5:小説自体を書き始めた時期、また「小説家になろう」に投稿し始めたのはいつ頃からですか?
A:投稿したのは『魔導師は平凡を望む』が初めてですね。2012年2月からスタートしています。

■Q6:作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
A:イラストレーター様からキャラデザなどをしていただいた時、本屋に自分の本が並んでいるのを見た時ですね。特に文字だった登場人物が絵になる、というのは嬉しく思います。

■Q7:読者として「小説家になろう」作品は読まれますか。また、どのような作品を読むことが多いですか?(特定のタイトルやジャンルなどあれば教えてください。)
A:今はランキングにあるものを読むという感じです。ファンタジー、恋愛、ホラーといったジャンルを好んで読んでいます。

【執筆について】

■Q8:小説の書き方で、自分なりの書き方はありますか?(例:セリフだけを先に書いていくなど)
A:特にありませんが……主人公視点とそれ以外の視点での温度差をつけることでしょうか。主人公視点がお気楽・自己中な状態なので、真面目にやってる人の視点になると別物のようになります。

■Q9:執筆は、いつもどのような時間帯に何時間ぐらいされていますか?
A:執筆は夜が多く、執筆時間は話によりますね。書きやすい場面であれば筆が進みますから。小話などは短いこともあってさらっと書けますね。

■Q10 :執筆時に煮詰まったとき、何か気分転換に特別なことをされたりしますか?(例:ストレッチをする、近くを散歩する、など)
A:一度執筆を止めて、珈琲を飲んだりします。他には書籍版を読み返したりして使えるアイデアがないか探したりしますね。特に小話などは基本的に本編の番外なので。

【作家を目指す方に対して】

■Q11:キャラクターやストーリーのつくり方のポイントを教えてください。
A:インパクトのあるキャラクターを作ると読者様の印象に残り易いですね。長編であれば序盤の台詞や行動を後の伏線にするとか。

■Q12:未来のアリアンローズ作家を目指す方々へひと言アドバイスをお願いします。
A:いただいた感想を大切に。自分では気づかなかった点に気づかされることもあります。

【読者様からのご質問】

ペンネーム:ビバルディさんからのご質問
■Q13:ミヅキには、性格はそれぞれ厄介だけど有能な守護役もとい婚約者達がいますが、誰か一人を選べと言われたら、広瀬 煉 先生は誰を選びますか?
A:セレスティナ姫(セシル)でしょうか。多分、一番楽しく暮らせます。性格的に『利害関係で判断しない人物』が平和に付き合っていけそうですし。男性キャラならば、(表面的にでも)気遣いができるという点でアルジェント。

ペンネーム:こりすさんからのご質問
■Q14:登場人物や国のモデルはありますか?
A:特にありません。よくあるファンタジーもののRPGのような世界ですが、作中にゲームや元の世界との差がちらほら出てきます。主な登場人物達は突き抜けた主人公に霞まないよう個性的に作ったので、モデルとかもいないですね。

【新人賞受賞作家からのご質問】

「シャルパンティエの雑貨屋さん」の坊野瞳様からのご質問
■Q15:出版に至る経緯の中で、面白かったこと、驚いたこと、不思議に思われたことなどがあれば教えて下さい。
A:読みやすさ重視という理由で漢字がかなり平仮名に直されることでしょうか。読む人のことを考えるという点が趣味との差だと思いました。

「無職独身アラフォー女子の異世界奮闘記」の杜間とまと様からのご質問
■Q16:出版を機に、それまでの人生と何か変化はありましたか?
A:あまり変わったことはありませんね。しいて言うなら、友人の一人が読者だと判明したことかと。図書館などに置かれている場合もあるみたいなので、身近な人に読まれていることもあるんだなと痛感しましたね。

「竜の卵を拾いまして」おきょう様からのご質問
■Q17:初めて書店にご自分の本が並んでいるのを見たときの気持ちを教えてください。
A:新刊として文芸書の真面目な本の中に置かれていたので『場違い感が半端無いな!』と(笑) そして改めて『本になったんだな』と実感しました。

広瀬 煉 先生、ありがとうございました!

広瀬煉先生の著作をチェック!

魔導師は平凡を望む 1 魔導師は平凡を望む 2 魔導師は平凡を望む 3
魔導師は平凡を望む 4 魔導師は平凡を望む 5

top