1周年ありがとうキャンペーン Webインタビュー開催決定!!
「魔導師は平凡を望む」おきょう様 「誰かこの状況を説明してください!~契約から始まるウェディング~」徒然花様 「私の玉の輿計画!」菊花様
「義妹が勇者になりました。」縞白様 「悪役令嬢後宮物語」涼風様 「無職独身アラフォー女子の異世界奮闘記」杜間とまと様
「竜の卵を拾いまして」おきょう様 「シャルパンティエの雑貨屋さん」坊野瞳様

>「1周年ありがとうキャンペーン」トップページに戻る

おきょう先生へのインタビュー!


【おきょう 先生のタイトル「竜の卵を拾いまして」について】

■Q1:小説のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
A:ファンタジー小説が元々好きで、魔法物や異世界転生など書いてきました。新しく小説を書こうとする時に、他に書いていないファンタジーの定番と言えば……あとは竜かな。何だか恰好いいし!と思って考え始めました。

■Q2:小説の主人公や世界観の設定は、どのように生まれたのですか。
A:小説家になろうで「竜の卵を拾いまして」の前に連載していた作品の主人公が元気で向こう見ずな女の子だったので、今回は正反対に控えめな性格にしました。世界観は、まずは登場キャラ達を考えて、彼らの物語をどんどん書き進めていっていたら固まって来たと言う感じで、ほとんど後付けです。

■Q3:小説を書く際に気を付けていたこと、苦労したことを教えてください。
A:読んでいただく方に分かりやすいように、簡潔な文章にしたいなとは思っています。難しい漢字はなるべく使わない。ストーリーや設定をごちゃごちゃしすぎないとか。苦労は誤字脱字や、設定や台詞に矛盾点が出たりでしょうか…、見直しで気付けずに掲載してしまって、後々に読者様に指摘していただくことが多いです。

■Q4:なぜアリアンローズ新人賞に応募しようと思ったのでしょうか。
A:「竜の卵を拾いまして」の一章が書きあがる目途がついたころに丁度タイミング良く賞の募集をされていて、タグ付けだけで簡単に応募できるものでしたので、どれくらいまで行けるのかな、と言う軽い力試しのつもりでした。でも最終選考に残していただいた辺りからはもう「作家になった自分」を妄想しては一人でニヤニヤドキドキしていました。

【おきょう 先生ご自身について】

■Q5:小説自体を書き始めた時期、また「小説家になろう」に投稿し始めたのはいつ頃からですか?
A:中学生のころ。人に見てほしいけれど知り合いに読まれるのは恥ずかしくて、それで自作の小説サイトを作り、ネットの向こう側に居る方々から頂く感想に一喜一憂していました。「小説家になろう」には2年半ほど前からです。

■Q6:デビューが決まってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
A:物書きをしていることはなんだか恥ずかしくて、本当に誰にも言わずネットの中のみでこそこそやっていた趣味でした。でもデビューがきっかけで少し自信を得ることが出来、「実は……」と周囲に話せるようになりました。「おめでとう!」や「読ませて!」の嬉しい言葉を頂け、同時に隠し事がなくなったことにほっとして、良かったなぁと思います。

■Q7:読者として「小説家になろう」作品は読まれますか。また、どのような作品を読むことが多いですか?(特定のタイトルやジャンルなどあれば教えてください。)
A:毎日読んでいます!恋愛を含んだファンタジーが大好きです。今、更新を楽しみにしているのは「全力でのし上がりたいと思います。」や「異世界出戻り奮闘記」、「攻略なんぞされてたまるか!」など。

【執筆について】

■Q8:小説の書き方で、自分なりの書き方はありますか?(例:セリフだけを先に書いていくなど)
A:その時々で思いつくシーンや台詞などを何でも文字として打ち出しておきます。ある程度の量になったら時系列順に並び替え、いらない文章を削除したり、説明が足らない文章を追加したりして書き上げています。でも好きなところだけ先に書いているこの方法だと、最初と最後だけは書きあがったけれど間が埋まらない!どうしよう!みたいな事が多いです……。

■Q9:執筆は、いつもどのような時間帯に何時間ぐらいされていますか?
A:就寝前の夜中が多いです。書けないときは10分もせず諦めて投げ出したり、逆に調子がのれば何日もほぼ徹夜で書いていたりするので時間は一定していませんね。

■Q10 :執筆時に煮詰まったとき、何か気分転換に特別なことをされたりしますか?(例:ストレッチをする、近くを散歩する、など)
A:とにかくパソコンの前から逃げたくなるので逃げます。それで不貞寝したり本を読んだり、外に出て散歩したり。とにかく執筆とはまったく別のことをします。でもそうやって逃避しつつも、結局は頭の中で悶々と小説の内容を考えてしまっていますね。

【作家を目指す方に対して】

■Q11:キャラクターやストーリーのつくり方のポイントを教えてください。
A:あまり複雑につくりこみ過ぎないことでしょうか。想像するのって楽しくって、ついつい色んな設定を盛ってしまうので気を付けています。

■Q12:未来のアリアンローズ作家を目指す方々へひと言アドバイスをお願いします。
A:とにかく面白いと思うものを諦めずに書き続けてみてください。なんとなく頭に浮かぶ自分の好きなもの。日常でおぉ!と感じた豆知識など。日々に見つけたものを忘れずに文字として形にして、それらを詰め込んで、小説という形に仕上げてみてください。好きなものが題材でないと楽しく無くなって、続けられずに筆が止まってしまいますし。私の場合は不思議パワーとか可愛い生き物に心躍るので「竜の卵を拾いまして」もそんな感じになっています。本当に好きなものを好きなように文章に起こしていった、自分の好みを突き詰めた作品でデビューしてしまいましたので、アドバイスできるとしたら〝好きなものをとにかく沢山書いてください。としか言えないです。

【読者様からのご質問】

ペンネーム:しろくまさんからのご質問
■Q13:竜の卵は、料理をしていた時に竜を発見していましたが、おきょう先生もお料理がお好きなのでしょうか?
A:料理は残念ながら初心者の域を出られません。レシピを凝視しながら恐る恐る調味料量って…みたいな感じです。ぱぱっと出来ちゃうお料理上手な人が羨ましいです。

ペンネーム:空さんからのご質問
■Q14:舌足らずのココのしゃべり方がツボです! ココの成長が今から楽しみです! もし竜が飼育できたらどんな竜に育てたいですか? また先生は動物などを飼っていますか?
A:ココを気に入っていただけてうれしいです。有難うございます。もしも竜を育てられるのならば、べたべた甘えっこな子がいいです。一日中抱っこして頬ずりしていたいので。動物は今は金魚が居るくらいです。

おきょう 先生、ありがとうございました!


top