1周年ありがとうキャンペーン Webインタビュー開催決定!!
「魔導師は平凡を望む」涼風様 「誰かこの状況を説明してください!~契約から始まるウェディング~」徒然花様 「私の玉の輿計画!」菊花様
「義妹が勇者になりました。」縞白様 「悪役令嬢後宮物語」涼風様 「無職独身アラフォー女子の異世界奮闘記」杜間とまと様
「竜の卵を拾いまして」おきょう様 「シャルパンティエの雑貨屋さん」坊野瞳様

>「1周年ありがとうキャンペーン」トップページに戻る

涼風先生へのインタビュー!


【涼風 先生のタイトル「悪役令嬢後宮物語」について】

■Q1:小説のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
A:「おとぎ話の悪役が、実は悪い人じゃなかったら? 何がどうなってそんな誤解まみれの状況になったんだろう」という、ふとした妄想。

■Q2:小説の主人公や世界観の設定は、どのように生まれたのですか。
A:最初の妄想が妄想だったので、主人公とその家族はほとんど流れで浮かんできました。後はほどんど、書きながらですね。

■Q3:小説を書く際に気を付けていたこと、苦労したことを教えてください。
A:読みやすく、分かりやすい文章を、常に心掛けています。
苦労したこと……キャラクターの自我が強すぎて、なかなか思い通りの展開になってくれないことでしょうか。現在進行形ですが。

■Q4:なぜアリアンローズから出版しようと思ったのでしょうか。
A:お話を頂いて、正直初めは迷ったのですが、編集部の皆様の対応がとても丁寧で、信頼できると思ったことが決め手でした。
考えていた以上に素敵な本にして頂けて、本当に嬉しく思っています。

【涼風 先生ご自身について】

■Q5:小説自体を書き始めた時期、また「小説家になろう」に投稿し始めたのはいつ頃からですか?
A:小学生の頃から、物語を考えて文字にするという〝遊び〟が好きでした。誰かに見せるための小説を初めてきちんと書いたのは高校生で、「小説家になろう」にお世話になり出したのは大学を2011年頃からです。

■Q6:作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
A:沢山ありすぎて、ひと言では言い表せません。始めて「小説家になろう」に投稿した瞬間から、書籍化が決まって今に至るまで、苦しかったことも含めて「良かった」と思えますので。

■Q7:読者として「小説家になろう」作品は読まれますか。また、どのような作品を読むことが多いですか?(特定のタイトルやジャンルなどあれば教えてください。)
A:私は重症の活字中毒者ですので、「小説家になろう」には読者としてもお世話になっています。
ジャンルにこだわりはありませんが、やはりファンタジーや恋愛系が好きで、よく読みますね。

【執筆について】

■Q8:小説の書き方で、自分なりの書き方はありますか?(例:セリフだけを先に書いていくなど)
A:これといって工夫していることは、特にないと思います。馬鹿正直に先頭から、つれづれと。

■Q9:執筆は、いつもどのような時間帯に何時間ぐらいされていますか?
A:夜が多いですね。短くて2時間、集中したら8時間から10時間くらい書いてます。

■Q10 :執筆時に煮詰まったとき、何か気分転換に特別なことをされたりしますか?(例:ストレッチをする、近くを散歩する、など)
A:書く場所を変えます。家の近所で、長時間居座っても怒られないお店をローテーションすることが多いです(笑)

【作家を目指す方に対して】

■Q11:キャラクターやストーリーのつくり方のポイントを教えてください。
A:作家さんによって千差万別だと思うので、基本は好きなように!
キャラクター一人ひとりと、彼らが生きる世界を大切にすれば、物語は自然に生まれると、個人的には信じています。

■Q12:未来のアリアンローズ作家を目指す方々へひと言アドバイスをお願いします。
A:書きたい物語を、思うままに書いてください。きっと、そのお話を待っている人がいますから。

【読者様からのご質問】

ペンネーム:かんみなさんからのご質問
■Q13:涼風先生は作中に登場する男性キャラの中で、誰がいちばんお気に入りですか? ちなみに私はカイです!
A:カイを気に入ってくださり、ありがとうございます。
生みの親としては、皆等しく可愛い存在ですが……個人的に好きなキャラを一人選ぶとしたら、エドワードですね。行動理論が実にシンプルで、分かりやすいです(笑)

ペンネーム:カトーGさんからのご質問
■Q14:私は気分が落ち込んだ時、いつも本棚にある悪役令嬢後宮物語を読んで、気分を奮い立たせています。自分の“悪役顔”に負けず頑張るディアナを見ていると、不思議と力が湧いてくるのです(笑) そこで質問なのですが、涼風先生は読者の方に、どんなときに本作を読んでもらいたいと思いますか?
A:とても嬉しいお言葉を頂き、感無量です。
どんなときにとは、あまり意識したことがないですね。読者様の好きなときに、好きなように読んで頂いて。その時間が少しでも心地良いものになるように、これからも努力していきたいと思っています。
ディアナたちと過ごすひとときが、皆様にとって〝楽しい余暇〟になればと、願ってやみません。

【新人賞受賞作家からのご質問】

「シャルパンティエの雑貨屋さん」の坊野瞳様からのご質問
■Q15:出版に至る経緯の中で、面白かったこと、驚いたこと、不思議に思われたことなどがあれば教えて下さい。
A:イラストレーターさんによって、キャラクターにビジュアルが付いたことが、驚きであり喜びでもありました。
キャラクターが視覚化されたことで、新しい展開を思いつくなど、創作も深みが増したと感じます。

「無職独身アラフォー女子の異世界奮闘記」の杜間とまと様からのご質問
■Q16:出版を機に、それまでの人生と何か変化はありましたか?
A:特に大きく変わったとは思いませんが、単なる趣味であった頃と比べ、執筆への姿勢は変わりました。
より読みやすく、分かりやすく、楽しめるものを。これからも精進していきたいです。

「竜の卵を拾いまして」おきょう様からのご質問
■Q17:初めて書店にご自分の本が並んでいるのを見たときの気持ちを教えてください。
A:正直、書店に並んでいるのを見てなお、実感が湧きませんでした。
ぱらぱらと立ち読んでいる人に遭遇して、不審者の如く逃走した覚えがあります(笑)

涼風 先生、ありがとうございました!

涼風先生の著作をチェック!

悪役令嬢後宮物語 悪役令嬢後宮物語 2

top