1周年ありがとうキャンペーン Webインタビュー開催決定!!
「魔導師は平凡を望む」徒然花様 「誰かこの状況を説明してください!~契約から始まるウェディング~」徒然花様 「私の玉の輿計画!」菊花様
「義妹が勇者になりました。」縞白様 「悪役令嬢後宮物語」涼風様 「無職独身アラフォー女子の異世界奮闘記」杜間とまと様
「竜の卵を拾いまして」おきょう様 「シャルパンティエの雑貨屋さん」坊野瞳様

>「1周年ありがとうキャンペーン」トップページに戻る

徒然花先生へのインタビュー!

【徒然花 先生のタイトル「誰かこの状況を説明してください!~契約から始まるウェディング~」について】

■Q1:小説のアイデアは、何から着想を得たのでしょうか?
A:何から着想というよりは「こんなの読みたいなぁ」という、自分の欲求にしたがってでしょうか。 貧乏貴族の令嬢が、自分の置かれた状況を悲観することなくエンジョイしていたら、いつの間にかハッピーエンドになってた! という話が読みたかったのです。

■Q2:小説の主人公や世界観の設定は、どのように生まれたのですか。
A:それまで書いていたファンタジー世界の隣の国くらいの設定で考え出しました。魔法とかよくわからないからナシで、やっぱりお貴族様がいいよね、貧乏令嬢と金持ち公爵でいろいろ格差、それと美形万歳だよね、とだんだん妄想を膨らませていきました。

■Q3:小説を書く際に気を付けていたこと、苦労したことを教えてください。
A:軽く軽く、サクサク読めることを意識しています。主人公の一人称なので、主人公以外が修羅場を演じているのをどうやって書こうか、修羅場だけど重くならないようにするのに苦労しました。

■Q4:なぜアリアンローズから出版しようと思ったのでしょうか。
A:頑張る女の人に元気をチャージする、というところに魅かれました。拙作を読んで、元気が出たよと言ってもらえたらうれしいので。

【徒然花 先生ご自身について】

■Q5:小説自体を書き始めた時期、また「小説家になろう」に投稿し始めたのはいつ頃からですか?
A:なろう様に投稿しはじめたのは2012年の12月です。それまでは読み専でした。

■Q6:作家になってよかった、と実感するのはどんな時でしょうか?
A:書籍を読んでこちら(なろう様)にきました、という読者様が感想やメッセージをくださった時ですね。WEBの世界だけじゃないんだなぁという、広がりを感じました。

■Q7:読者として「小説家になろう」作品は読まれますか。また、どのような作品を読むことが多いですか?(特定のタイトルやジャンルなどあれば教えてください。)
A:なろう様は素敵な作品の宝庫ですから、読みふけりすぎて執筆がおろそかになることもしばしばですw なろう様では主に恋愛ものやコメディが好きでよく読みます。シリアスものよりもサラッと楽しめるラブコメが好きです。

【執筆について】

■Q8:小説の書き方で、自分なりの書き方はありますか?(例:セリフだけを先に書いていくなど)
A:とりあえず頭に浮かんでいる場面をだ~っと書いてから、あとからゆっくりと場面の説明や表情、足りない部分を書き足していく感じです。

■Q9:執筆は、いつもどのような時間帯に何時間ぐらいされていますか?
A:家事を終えた午前中と、夜は子どもたちが寝たあと。合計2~3時間くらいです。基本的に家事の合間ですね。

■Q10 :執筆時に煮詰まったとき、何か気分転換に特別なことをされたりしますか?(例:ストレッチをする、近くを散歩する、など)
A:寝ます。もしくは全然違う話を書いてみたりします。

【作家を目指す方に対して】

■Q11:キャラクターやストーリーのつくり方のポイントを教えてください。
A:こういう人が書きたいな、こういうシーンが書きたいな、ということを一人ブレストして、それを繋げたり膨らましたりすることをよくします。

■Q12:未来のアリアンローズ作家を目指す方々へひと言アドバイスをお願いします。
A:自分の書きたいものを、自信を持って書いてください!

【読者様からのご質問】

ペンネーム:なんたさんからのご質問
■Q13:旦那様(サーシス)のように、仕事はできるけど家庭では子供っぽく振る舞う男性って私はけっこう好きなのですが、徒然花先生はどう思いますか?
A:いざという時に頼りになれば、アリだと思います。最近自覚したのですが、どうも私は残念な人が好みのようです。特に創作の場合など、残念な美形(イケメン)が大好物……!

ペンネーム:あんどれーさんからのご質問
■Q14:最初の「お飾り妻」というアイデアはどこから生まれたのですか?
A:夫から顧みられない妻、その自分の置かれた状況を悲観してグズグズするのはよく見るけど、逆に、気にせずあっけらかんとしていたらいつの間にか形勢逆転していた! というのが読みたいな~と思ったところからでしょうか。

【新人賞受賞作家からのご質問】

「シャルパンティエの雑貨屋さん」の坊野瞳様からのご質問
■Q15:出版に至る経緯の中で、面白かったこと、驚いたこと、不思議に思われたことなどがあれば教えて下さい。
A:担当さんのメールがすごい時間に来ていたこと(夜中とか朝方とかw)。驚いたというより大丈夫かなと心配になりました。

「無職独身アラフォー女子の異世界奮闘記」の杜間とまと様からのご質問
■Q16:出版を機に、それまでの人生と何か変化はありましたか?
A:人生とか、そんな大きな変化はありませんが、これまでは家族がいない時間とかにこそこそと小説を書いていたのが、堂々と書けるようになったことですね。「家事サボってないよ、仕事だよ♪」とか言ってw

「竜の卵を拾いまして」おきょう様からのご質問
■Q17:初めて書店にご自分の本が並んでいるのを見たときの気持ちを教えてください。
A:見つけた時に、心臓がバックンバックンしました。「家に送られてきた見本誌と同じものが並んでる~っ!! 出版は本当だったんだ!!」と思いましたw

徒然花 先生、ありがとうございました!

徒然花先生の著作をチェック!

誰かこの状況を説明してください!~契約から始まるウェディング~ 誰かこの状況を説明してください!~契約から始まるウェディング~ 2

top